2話:ガラケートレーダー流!FXスワップ手法

 

 

 プロフィールご紹介

講師:ガラケートレーダー氏

営業管理職サラリーマンをやりながら、その名の通りガラケーを愛用し、トレードの5割位をガラケーにてFX・株等のトレードをこなす兼業トレーダー。野村証券の親友であり師匠からの伝授を元に、デイトレード~スイングとスイング~中長期トレードを組み合わせた、革新的ハイブリッドなトレード手法を実践。ラジオ、FX専門誌、雑誌、WEBにも多数掲載されている投資家。

 

 

ナビゲーター:小林芳彦

profile-kobayashi31979年3月慶応義塾大学商学部卒、同4月株式会社協和銀行入行。1987年から本店資金為替部調査役。インターバンク(フォワード)ディーラー・カスタマーデスクヘッドなどを歴任後、2001年バンク・オブ・アメリカ(為替資金部営業部長)で当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。

 

 

 

 

今回のハイライト

 

【今回の動画を観たらコレが得られる!】

 中長期投資の心得が分かる!

 

 

【中長期投資とはどのようなトレードなのか?】

スワップ金利を目的とした投資。
スワップ金利を目的としたスワップ運用は、
・常に相場に張り付いていなくていい。
・日々の相場の値動きに一喜一憂しなくて済む。
という特長があるので、仕事をしながらトレードしている方に非常におすすめです。
チャートにずっと張り付いていられない、という人にも向いています。

 

資金に余裕があり、ポジションを多く持てる方なら、スワップ運用と為替差益、両方で利益を狙っていく、ハイブリッドなトレード方法もあります。

 

【スワップの仕組み】

売った通貨の金利を支払い、買った通貨の金利を受け取ることができるような仕組みになっているので、

その金利差で利益を出していくのがスワップ運用です。

「買った通貨の金利-売った通貨の金利」分、スワップ(金利)を受け取ることができます。

(上記計算がマイナスになれば、逆に支払うことになります。)

 

例えば、円を売ってオーストラリアドルを買う場合(つまり豪ドル円の買いポジションを持つ場合)、
日本円の政策金利は現在0.1%、オーストラリアドルは1.5%なので、
1.5%-0.1%=1.4%が豪ドル円を買った時に受け取ることができる金利となります。

 

【スワップ金利による投資の魅力と注意点】

魅力… 豪ドル円、NZドル円、ランド円のような高金利通貨は高いスワップ金利を得られます。
今年、米ドルがさらに利上げされることが予想されるので、利上げされれば米ドル円でのスワップ運用も

可能になります。

注意点… 資金管理に気をつけなければいけません。
中長期投資は、ポジションを長期間保有することになるので、相場変動のリスクを受けやすくなります。
そのため、しっかりとした資金管理が必要です。

資金管理のポイントは、「レバレッジ1~3倍程度で運用すること」です。

 

※レバレッジ1倍だと外貨預金と変わらないのではないか?
→FXの方が断然おすすめです!その理由は…
・外貨預金は往復手数料が高い
・外貨預金は好きなタイミングで決済することができない
FXはスプレッドが非常に狭く、自分の好きなタイミングで決済ができるので、FXでの運用がおすすめです。

 

【トレードのイメージ】

・スキャルピング、デイトレード(1日で完結する)…100m~400m走
・スイングトレード(2日以上~3カ月程度)…400m~10000m
・中期トレード(3ヶ月以上~1年程度)…10000m~ハーフマラソン
・長期トレード(1年以上~数年程度)…ハーフマラソン~フルマラソン

 

【使うチャートの時間軸】

・スキャルピング、デイトレード…60分足~5分足または1分足
・スイングトレード…日足~60分足
・中・長期トレード…月足~日足

 

【実際のトレード方法】

・中長期トレードする時は、「木を見て森を見ず」にならないように、月足、週足、日足の順番に

チャートを見ていく。
・月足チャートで、最安値と最高値を確認し、最安値までレートが下がってもロスカットに

ならないようにする。
・よくレートが止まっているポイントで水平線を引き、そのポイントでエントリー、利食い、損切りを行う。
・ファンダメンタルズ分析も行い、相場の方向性を把握する。

 

実際の豪ドル円チャートで見てみましょう。

 

まずは月足チャートから見ます。
①最安値、最高値を確認し、最安値で水平線を引いておきます。

 

※最安値を確認するのは、レートがどこまで下がる可能性があるのかを知るためです。

中長期トレードは、エントリーしてから決済までの間が長いため、短期トレードをする時よりもレートの下落幅が大きくなり、ロスカットされてしまう可能性があります。そこで、どこまでレートが下がる可能性があるのかを考えておくと、そこまで下落した時でもロスカットされないように有効証拠金を準備しておけば、リスクに備えられます。

 

★ロスカットの仕組み★

有効比率(動画内では証拠金維持率と言っています。)が100%未満となった場合、ロスカットとなる。

有効比率=有効証拠金÷必要証拠金×100
つまり、有効証拠金が必要証拠金と同じ額になればロスカットされるということです。
必要証拠金は、豪ドル円だと現在は大体、1Lot(1000通貨)あたり3500円くらい。(ヒロセ通商HPで確認できます)
有効証拠金は、「入金額-評価損益」です。
豪ドル円の現在のレートは80円くらいなので、最安値の55円までレートが下がると、

評価損は80-55=25円×1000(1000通貨取引する場合)の、25000円となります。
有効証拠金=必要証拠金になった時点でロスカットされるので、
「入金額ー評価損(25000円)=3500円(必要証拠金)」になればロスカットです。
つまり、評価損(25000円)+必要証拠金(3500円)=28500円以上の金額を入金すれば、
最安値レートまで下がった時にロスカットされない、ということになります。
55円になった時点ですぐにロスカットされないように、52円くらいになってもロスカットされないように

計算して、有効証拠金を準備します。

 

※1000通貨取引する場合の例です。
1万通貨取引する場合、必要証拠金は3500円×10(1万通貨=10Lotのため)=35000円となります。

 

②その他、よく止まっているポイントや直近の高値、安値も確認し、水平線をひきます。

 

次に週足チャートを見ます。
週足チャートで何回も止まっているポイントにも水平線を引いていきます。
また、先ほど月足チャートで引いた水平線が残っているので、そのラインで週足チャートでも止まっていることが多ければ、そのラインは強いラインだと判断することができます。

 

次は日足チャートを見ます。

 

●エントリーのタイミングについて
現在のレートは、81円くらいになっています。
ここは日足、週足、月足、どのチャートを見ても何回も止まっているラインになっていて、
レートは81円水平線ラインの上方で推移していること、またこのラインで一回下げ止まっていることから、
81円水平線は、サポートライン(支持線)だと判断することができます。
(サポートライン…それ以上価格が下がりにくいライン)

 

 

また、ファンダメンタルズも加味します。
この時は3月で、いわゆるレパトリ相場になっています。
(レパトリとは、企業が海外に投資していた資金を本国に戻すこと。
3月は日本企業の決算期です。決算期に備え、海外で儲けた外貨を売って円に戻す、という輸出企業が増えます。
この時、外貨を売って円を買うので、この時期は円高になりやすいのです。)
円高=豪ドル円レートが下がっているので、買いポジションを入れやすいタイミングとなります。
また、レパトリ相場が終わればレートは元に戻っていくと思われます。

 

チャートの支持線、ファンダメンタルズ情報を踏まえると、ここから上昇していくと思われるので、今買いポジションを持つのはベストなタイミングだと判断できます。
このように、最初に引いた水平線、ファンダメンタルズを加味してエントリーするタイミングを決めていきます。

 

●ポジションを買い増すタイミングについて
できるだけレートが安い時に買い増ししたいので、そのポイントを探っていきます。

 

ケース1:初回エントリーしてからレートが上昇した場合
(買いポジションを持っていて、レートが上昇するごとに買い増しを行うことをピラミッティングと言います。)
直近の高値やレジスタンスライン(抵抗線)を超えたら買い増し(ピラミッティング)を考えます。
(レジスタンスライン…それ以上価格が上がりにくいライン)
例えば、現在のレートは81円で、日足チャートの直近の高値は84円くらいです。

 

 

レジスタンスラインはそれ以上価格が上がりにくいラインなので、ここまでレートが上がれば下がってくることが多いのですが、逆にレジスタンスラインを一旦超えると、トレンドが転換してレートが上がっていきやすくなったり、レジスタンスラインがサポートラインに変化しやすい傾向があります。

なのでレジスタンスラインを超えたことが確認できたら、レートは今後それ以下にならないと判断し、買い増しを行います。

 

買い増しを行うポイントですが、押し目を待ちます。

(押し目とは、上昇していく最中でも一時的にレートが下がる時がある。そのポイントのこと。買いポジションを入れる時は、できるだけ安いレートの時に入れた方が有利なので、押し目で買いを入れることは有効です。)レジスタンスラインを一旦超えたら、サポートラインに変化することが多いので、今はサポートラインである84円までレートが下がるまで待ち、下がった所で買いを入れます。

サポートラインは下げ止まる可能性が高いラインなので、サポートラインが押し目になると判断します。

 

 

ケース2:初回エントリーしてからレートが下降した場合
※買いポジションを持っていて、レートが下がるごとに買い増しを行うことをナンピンと言います。
直近の安値やサポートラインで跳ね返されたタイミングで買い増し(ナンピン)します。
週足チャートを見ると、直近の安値は77円付近です。(①)
安値=過去に下げ止まっているライン です。
過去に下げ止まったラインは、同じように下げ止まる可能性が高いのです。
この直近の安値で跳ね返されたことが確認できたら、ナンピンを行います。
また、直近の水平線を引いたラインを確認すると、72円で引いていることが分かります。(②)
72円で過去に下げ止まっているので、サポートラインであることが分かります。
レートが更に下落し、このラインで跳ね返されたことが確認できたら、ナンピンを行います。

 

 

このタイミングで買い増しを行う理由は2つあります。
1つ目:買い増しは、できるだけレートが安いタイミングで行うのがベストです。
サポートライン、直近の安値で跳ね返された=そのあたりが底値ということになり、
買い増しを行うタイミングとしてベストであることが分かります。

 

2つ目:ナンピンを行う時は、買い増しを行った時点からレートが上昇することを前提にしないと

損失が膨らんでしまうことになります。

サポートライン、直近の安値で跳ね返された=それ以上下がる可能性は低く、これから上昇するであろうことが見込まれるので、この時点で買い増しを行うことは有効です。

 

★注意!★
ナンピンを行う=初回ポジションを持った時よりレートが下がっている時に買い増しを行うということになるので、 含み損が大きくなり、ロスカットされてしまう可能性があります。
ナンピンを行う時は資金管理を徹底してください。
有効比率は常に確認するようにし、800%を下回らないようにすること、
有効比率の確認方法はこちら
レバレッジは3倍以内におさめることが必須です。

 

●利食いするタイミングについて
できるだけレートが高い時に利食いしたいので、そのタイミングを探っていきます。

 

レジスタンスライン、直近の高値に到達したら決済します。
月足チャートを見ると、まず直近の高値は90円付近です。(①)
また、100円近辺に水平線(過去に上げ止まっているのでレジスタンスライン)があります。(②)
まず90円になったタイミングでポジションの一部を利食いします。
ここで全て決済しないのは、まだ②100円付近と③105円近辺にもレジスタンスラインがあるからです。
そして100円になったタイミングでポジションの一部を更に利食いします。
この時も、105円まで上がる可能性も考えられるので、一部のみ決済します。

 

 

●損切りするタイミングについて
基本的には、過去の最安値までレートが下落しても大丈夫なように資金管理しているのですが、
逆に言うと最安値よりレートが下落した場合は損切りしなければいけません。
全てのポジションを一気に損切りするのではなく、部分的に損切りしていきます。
(相場がまた上昇することも考えて、状況を見て部分的に損切りしていきます。
損切りをすれば保有ポジション数が少なくなるため、必要証拠金の額も少なくなるため
ロスカットされにくくなるので、持ちこたえることができます。)
※ロスカットのルールを忘れた方は、こちらをクリック。

 

また、イレギュラーなことがあった場合は予想外の動きになる可能性があるので、
ファンダメンタルズ分析は常に行うようにします。

 

【ガラケーが実際に利益を出した事例をご紹介】

第2次安倍政権が発足した頃の2012年くらいから豪ドル円を80円~74.5円辺りで買いました。
なぜこのタイミングで買いを入れようと思ったのかというと、ファンダメンタルズ分析を行って、これから上昇していくと判断したからです。
その時のファンダメンタルズ分析は以下です。
・第2次安倍政権が発足する時に円安政策をとるということだった。
・安倍政権が、日本株を買ってくれるよう、海外の投資家に営業活動を行っていた。
(日本の株価が上がる=円安になりやすい傾向がある。)

 

どうせならスワップ金利も受け取りたかったので、高金利通貨である豪ドルと、円の組み合わせである
豪ドル円のポジションを持つことにしました。

 

その後、思惑通り100円~105円くらいまで上がったので、利食いしました。

 

この時の資金管理は、今までお話ししたとおりで、過去の最安値まで下落してもロスカットされないくらいの証拠金を用意するのと、常に有効比率を確認する、ということで管理していました。

 

ポジションを持ったら損切りの設定も行わなければいけません。
損切りについてもお話したルール通り、過去最安値である55円-2円の53円になったら1万通貨損切りするようにし、そこから50銭下がるごとに1万通貨ずつ損切りしていくようにしました。

 

 

【今回の動画に出てくる用語】

 

外貨預金

日本ではなく、外国の通貨で預金をすること。
その通貨の金利が受け取れるのと、差益が受け取れるという点ではFXと似ています。

 

ファンダメンタルズ分析

経済指標や要人発言などで相場が動くことがある。
そういったものに着目して相場の行方を判断すること。

 

 

 

 

ガラケーさんからの特別プレゼント

 

当ページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
動画をご覧いただき下記の質問にお答え頂けた方に

素敵なプレゼントを差し上げたいと思います。

 

(質問事項)
今回の動画の感想やFXで教えて欲しいこと

 

こちらの質問事項を下記ボタンの申し込みフォームにて回答して頂くと全員に漏れなく

ガラケーさんの特別FX動画講座「スワップ運用に向いている通貨ペア選び」を無料でプレゼント致します。
※ヒロセ通商(LION FX)のFX口座をお持ちの方が対象となります。

 

button_001

 

まだ、ヒロセ通商(LION FX)のFX口座をお持ちでない方は下記より口座開設してください。
お申込みより最短翌日でIDが届きお取引して頂けます。
IDが届き次第すぐに特別プレゼントにご応募頂き動画を閲覧頂けます。

 

728_90口座開設ボタン

 

 

 

注意事項

 

・お一人様一回限りのご応募とさせていただきます。

・本キャンペーンはキャンペーン条件が満たされれば自動的に申込まれるものではなく、キャンペーン専用申込フォームからのお申込みが必要となります。

・キャンペーンの内容につきましては当社の都合により予告なく変更になることがございますので、ご了承ください。

 

■会社概要
商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
本社:〒550-0013 大阪市西区新町1丁目3番19号 MG ビル
TEL:0120-63-0727(フリーダイヤル) 06-6534-0708(代表)
FAX:0120-34-0709(フリーダイヤル) 06-6534-0709
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

■リスク開示
このセミナーは、店頭外国為替証拠金取引の情報提供を目的としており、店頭外国為替証拠金取引の推奨を目的としたものではありませんが、口座開設の勧誘を目的とする内容が含まれることがございますので、あらかじめご了承ください。また、実際の市場動向とは異なる可能性があり、断定的判断を提供するものでもありません。当該セミナーの内容を予告なく変更する場合もあります。当該セミナーのご利用によりお客様に損失が生じた場合であっても、当社並びに当該セミナーの講師(所属会社を含む。)は一切の責任を負いません。お取引につきましては、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願い申し上げます。なお、セミナーに関する著作権は、当社および講師に属します。お客様の私的使用目的以外での使用、他人への譲渡や販売または再配信等を行うことはできません。
COPYRIGHT © ヒロセ通商 ALL RIGHTS RESERVED.